お役立ち情報
お役立ち情報

お役立ち情報Useful information

尿もれの予防方法は?

出産後の尿もれを予防するには、伸びた骨盤底の筋肉の回復を助けてあげる必要があります。
まず、便秘にならないように食生活に注意し、肥満は骨盤底の筋肉に負担をかけるので、体重コントロールに気をつけましょう。また、産後に早くもとの体型に戻したいという気持ちから、きつめのガードルなどで下腹部を圧迫することがありますが、これは筋肉の回復の妨げになる可能性があります。どうしても着用されたい場合は、からだのサイズにあったものにし、あまり長時間になりすぎないようにしましょう。

また、産後の骨盤矯正や尿もれの予防によいといわれるものに、骨盤ベルトがあります。ゴム地や布製、メッシュタイプなど様々なものが市販されていますが、どのタイプも、正しく装着することが大切です。装着する時には、骨盤高位の姿勢で腸や子宮が正しい位置になるようにして装着し、装着した上から下着をはくようにすれば、トイレに行く度に付け直さなくても済みます。また、からだにあったベルトをするためには、ヒップサイズを測るのが確実ですが、その時も骨盤高位で測るようにしましょう。

※骨盤高位:
仰向けになった状態で膝を曲げ、お尻を15~20cm程度高くした体位のこと。
お尻の下にクッション等を置くと、体位を取りやすい。