お役立ち情報
お役立ち情報

お役立ち情報Useful information

妊娠線の予防は、どうすればいいの?

妊娠線を予防するには、早めのケアが大切です。早い方ですと、妊娠初期のつわりの頃から出始める場合がありますので、その頃から専用の保湿クリームをお腹にこまめに塗るようにしましょう。専用の保湿クリームは、皮膚の乾燥を防止し、皮膚を柔らかくして伸びやすくする働きがあります。お腹の皮膚の繊維は、縦方向と横方向に走っていますので、クリームを塗るときにはお臍を中心に縦と横に沿うようにして、あまりこすらないように塗りましょう。また、体重が急激に増加すると妊娠線ができやすいので、妊娠中毒症の予防もかねて、体重の増加をコントロールしましょう。