お役立ち情報
お役立ち情報

お役立ち情報Useful information

妊娠線ってどうしてできるの?

妊娠線は、お腹が大きくなるにつれてお腹の表面の皮膚は伸びていきますが、その下の真皮や皮下組織がその変化についていけず、亀裂を生じるためにできます。亀裂になった部分は、妊娠中は赤紫に見えますが、出産後は徐々に白っぽく、てかりを帯びた線となって残ります。妊娠線ができても痛みを伴うことはありませんが、皮膚が伸展して乾燥しやすいため、かゆみを感じる方はいらっしゃいます。妊娠線は主にお腹にできますが、おっぱいや太腿にできる場合もあります。