dacco mama & baby
frame_up
title01
name
理学療法とは?
赤ちゃんから高齢者まで病気・ケガ等で運動機能が低下した人に対し、基本的動作能力を回復させるため、治療体操等を行わせ、マッサージ等の物理的手段を加える治療法です。
理学療法士とは?
国家資格を持った「体づくり」と「生活動作」の専門家です。
妊娠~出産、赤ちゃんにも理学療法?
妊娠・出産も、体に大きな負担がかかり、個人差はありますが運動機能が低下します。理学療法では、妊娠中や産後の腰痛、肩こりや尿もれなどのトラブル改善、帝王切開後のリハビリテーション、 骨盤を含めた全身調整を行うことができます。また、発達にリスクを持つ新生児のリハビリテーションも理学療法士が実施しています。妊娠~育児環境の先進国ともいわれるフランスでは、 産後10回も専門療法士による体ケアが保険で保障されているほど、産後のママのケアは重要です。妊娠・出産も含めた、女性に特化した分野を扱う理学療法が、 「ウィメンズヘルス理学療法」です。気になった方は「ウィメンズヘルス」「理学療法士」でお近くの専門理学療法士を探してみてください。
down_frame
UP
title_02
妊娠中も出産後も、骨盤をゆがませたり、腰や恥骨に負荷のかかるような姿勢や動作をしないように気をつけましょう!
注意する姿勢・動作
イラスト01
dot
イラスト02
dot
イラスト03
dot
イラスト04
down_frame
UP
title_03
骨盤ベルトは、出産でゆるんだ骨盤が元に戻るまで骨盤をサポートし、ゆがまないようにするための商品です 。産後は妊娠・出産で骨盤を支えている周りの筋肉が衰えます。ベルトをするだけでは筋肉は回復しませんので、産後に骨盤周りの筋肉を無理のない程度に鍛えて回復させましょう!
【産後すぐから始める!かんたん産後体操】
産後入院中のベッドの上でもできる、簡単な産後体操です。体の回復が最優先ですが、無理をせずに少しずつ筋肉も回復させていきましょう!※帝王切開後のママは傷や体の回復を優先し、医師に体操を行って良いか、確認してから行ってください。
category03
down_frame
UP
title_01
belt_image
幅の狭い骨盤ベルトが好ましいです。幅が広い骨盤ベルトは脚の付け根まで締めてしまい、強く締めて動くと、脚の付け根に炎症を起こすこともあります。 強く締めつけても効果が上がるものではありませんので、心地良いと感じる程度に締められるベルトを選んでください。長時間着用しても、座ったり立ったりしても、 着け心地の良い伸縮性のあるものが良いですね。また、産前や産後直後に着用する場合は、大きなお腹に食い込みにくい形状・素材のベルトがおすすめです。
down_frame

001